Home ウエディングブーケ 花の教室 イベント案内 お問い合わせ
○ウェディングブーケ・ブートニアの由来 その昔・・・

出会い、生涯を誓い合う--夢に描いてきたその日 花嫁の手にやさしく携えられる
憧れのウエディングブーケ さあ、あなたの大切な一瞬を輝かせてくれる
世界でただ一つのブーケ さらに、誇らしく輝く花嫁になれますように・・・


生花の風合いと色をそのまま保つプリザーブドフラワー
生花と違いしおれる心配もなくご自身の都合のいいときに
前もって作ることができます
海外挙式を予定している方   前撮りをする方に最適
大切な記念の思い出として残して置けるのも魅力のひとつ

宝塚歌劇団のスターが退団するときに持つブーケ、舞台上で組からと同期からのブーケをプレゼントされ2つのブーケを1つに合体!
普段作ることのない特、特、特別な素敵なブーケを作りました。
最後の舞台、素敵に輝くようにスワロフスキーとお名前にちなんでブルーローズをふんだんに使いました。
                                            青空 幸恵さんへ


○ウェディングブーケ・ブートニアの由来 その昔、ヨーロッパでは男性が女性にプロポーズする際に、
花を摘みその花を女性にプレゼントしたことが始まりといわわれています。
そして女性は、OKの返事のしるしに、花束の中から一輪花を抜き、男性の胸元にさしてあげたことがブトニアの由来です。
そのため現在では、ウェディングブーケとおそろいのお花でブートニアを作って花婿の胸元につけるのが一般的になっています。
○幸せのおまじない 結婚式当日に次の4つのものを身につけると、その花嫁は幸せになれるといわれています♪
Something Borrowed(何か借りたもの) お母さんやおばあちゃん、親友などからネックレスや指輪など身につけるものを
借りると良いでしょう。
Something New(何か新しいもの) 手袋やランジェリー、結婚式でもつ小さいバッグなど何か新しく購入すると良いでしょう。 Somethin Old(何か古いもの) おばあちゃん、お母さんからもらったハンカチなどを身につけましょう。
Something Blue(何か青いもの) ブーケにブルーの花をいれてみたり、リボンをブルーにしてみると良いでしょう。(ブーケにはブルースターという水色のお花をいれる方が多いです♪)

オートクチュールブーケ制作過程

       事前にドレス姿のスナップ写真、ご希望のブーケのイメージなどを伺い
       貴女を引き立たせてくれるブーケを制作します。
          制作花材はプリザーブドフラワーやアートフラワーだけでなく、生花(お届け地域限定あり)でもできます。
  
       @ドレスが決まれば、まずは挙式日、お届け先などをメールにてお知らせ下さい!
                        お届けには1ヶ月以上の日数を頂戴いたします。
 
       A打合せ(メールもしくは直接のご相談)
        準備するものは 
        ○ドレスを試着した時のスナップ写真
        ○本・雑誌などからこんな感じのブーケを持ちたいな〜というご希望のブーケを
         事前に選んでおいて下さい
        お写真・雑誌を見ながらご希望のイメージを伺い、使用花材、デザインを決めます。
        
        ブーケ・ブートニアだけでなく、ご希望により髪飾り、ドレスにつけるコサージュ、チョーカー、イヤリング、
        シューズコサージュなどさまざまな形で貴女の夢をかなえます。

       B打合せ後お見積り・・・ご注文を頂いて制作開始
           
       Bプロのフラワーデザイナーの手によるオートクチュールブーケ完成。
        
       C配達日時、場所へお届け

制作費    25,000円〜   使用花材、輪数などにより異なります。 

    問合せ    Eメールでお願いします。