Home ウエディングブーケ 花の教室 イベント案内 お問い合わせ
○ウェディングブーケ・ブートニアの由来 その昔・・・

出会い、生涯を誓い合う--夢に描いてきたその日 花嫁の手にやさしく携えられる
憧れのウエディングブーケ さあ、あなたの大切な一瞬を輝かせてくれる
世界でただ一つのブーケ さらに、誇らしく輝く花嫁になれますように・・・

プリザーブドフラワーを使って手作りブーケの一日レッスン
夢を実現中

プリザーブドローズで制作





自分で持つブーケ、
 自分で手作りしたいけど・・・


以前アレンジ教室に通っていたけど
プリザーブドフラワーや
シルクフラワーでブーケを作ったことがない…

組み立てに自信がない…

でも憧れのウエディングブーケを思いをこめて
自分の手で手づくりしたい!

娘のために手づくりしたい!

そんな貴女の思いを受け止め
ブーケレッスンを受けながら一日で作る
手づくりブーケコース




一つ一つのお花にワイヤーをかけテーピング。
これが結構時間がかかる!
でも、幸せをかみしめながらね!


さて、いよいよブーケに組み立て!
あなたのセンスとプロのアドバイスで・・・。




生花の風合いと色をそのまま保つプリザーブドフラワー
生花と違いしおれる心配もなく
ご自身の都合のいいときに前もってつくることができます。
海外挙式を予定している方、前撮りをする方に最適
大切な記念の思い出として
残しておけるもの魅力のひとつ
完成
あなたのオリジナルブーケ完成!!


○ウェディングブーケ・ブートニアの由来
その昔、ヨーロッパでは男性が女性にプロポーズする際に、
花を摘みその花を女性にプレゼントしたことが始まりといわわれています。
そして女性は、OKの返事のしるしに、花束の中から一輪花を抜き、男性の胸元にさしてあげたことがブートニアの由来です。
そのため現在では、ウェディングブーケとおそろいのお花でブートニアを作って花婿の胸元につけるのが一般的になっています。

○幸せのおまじない 結婚式当日に次の4つのものを身につけると、その花嫁は幸せになれるといわれています♪
 Something Borrowed(何か借りたもの)お母さんやおばあちゃん、親友などからネックレスや指輪など身につけるものを
                    借りると良いでしょう。
 Something New(何か新しいもの)   手袋やランジェリー、結婚式でもつ小さいバッグなど何か新しく購入すると良いでしょう。
 Somethin Old(何か古いもの)     おばあちゃん、お母さんからもらったハンカチなどを身につけましょう。
 Something Blue(何か青いもの)   ブーケにブルーの花をいれてみたり、リボンをブルーにしてみると良いでしょう。
                   (ブーケにはブルースターという水色のお花をいれる方が多いです♪)

手作りブーケ制作過程

事前に打ち合わせをしてから、スタイルに合わせてブーケを制作。
          制作花材はプリザーブドフラワーだけでなくやアートフラワーでもできます。
  
       @打ち合わせのためにまずはメールを! (打合せ日時を相談)
         
       A打ち合せ
         準備するものは 

        ○ドレスを試着した時のスナップ写真
        ○本・雑誌などからこんな感じのブーケを持ちたいな〜というご希望のブーケを
         事前に選んでおいて下さい
        お写真・雑誌を見ながらご要望を伺い、相談してデザインを決めます。
        お花など材料の打合せもしましょう!
           
       A打ち合わせ後、レッスン日時を決めましょう
                      
       Bレッスン開始
        さあ、素敵なブーケ・ブートニヤを作っていきましょう

        当日ご持参いただくものはワイヤーなどが切れるハサミ、持ち帰り用袋。
        ワイヤーなどほかに必要な資材は教室のものを使って頂くので手軽です。
        制作時間は約5時間〜 制作内容・経験などにより違いがあります。

       C当日完成
        一生の思い出に残るウエディングブーケ完成
         
制作日時   予約制 日曜10:30〜18:00 
                             
受講料    8,400円

材料費    実 費(ご希望のデザイン・花材により異なります)


会 場    大阪駅前第4ビル JR大阪駅徒歩5分・東西線北新地駅徒歩2分

       

問合せ    Eメールでお願いします。